アンチエイジングに効果的な部位

眠れない 対策

眠れない 対策

眠たいのに寝れない・・・。

そんな悩みは誰しも一度は持ったことがあるはず。
私も以前は週に一度くらいありました。

翌日、学校や仕事で大事な用があるときに限って
眠れないんですよね・・・。

 

眠れない夜は、誰にでもある

寝れなくて困っている人は、意外に結構います。
何食わぬ顔をして毎朝会っている友達や同僚が
実は毎日3時間睡眠でした・・・
なんてこともザラです。

自分だけ寝れなくて、明日に響いたらどうしよう
なんて心配しているほうが、本当に影響を及ぼしてしまうかもしれません。

まずは、寝なくちゃと思いすぎないことです。
それを前提に、次にいきます。



 

眠れない夜に効く対策・よく眠れる方法

そうはいっても、何もせずにはいられない!
寝たいんだもん!

そんなあなたに、
私が試してみて効果のあったものを並べます。
やったことないものがあれば、やってみてください!

■今すぐ起きて、温かい飲み物を飲む
横になって寝れなかったら、
とりあえず一度起きましょう!
電気をつけて、温かい飲み物を一口のみます。
別に、パソコンを開きながら飲んでもいいんです。
リラックスすることが大切です。

■睡眠用アプリをダウンロードする
今は、スマホで便利なアプリがあります。
面倒くさい人はyoutubeで探しても可。
睡眠用のBGMをかけておくと、気づいたら夢の中・・・

■アイマスクをする
アイマスクをすると、目をあけても真っ暗です。
私的に、寝室を暗くするより、アイマスクをして寝たほうが
安心感があります。
100均に売っていますので試してみてね。
部屋を暗くして、さらにアイマスクですよ!

■一日4時間寝れば、大丈夫。
昔、4時間睡眠法・・・(だったかな?)
そんな本を読んだことがありますが、
睡眠サイクルを考えて、3時間でも大丈夫です。
別に、5時間や6時間寝ないと人間動けないわけではありません。
寝れない時間を、勉強や読書に費やしましょう。
寝れなくて苦痛だった時間が、自分のスキルアップにつながります!

最後に

「眠れないと翌日に響く」っていうのは、
案外、自分の中でそう思ってしまっているからかもしれません。

「寝れなかったけど、その分有意義なことができたからいいや!」
「それが勉強や仕事に響くとは思えないし!」

なーんて、楽観的な気持ちでいると、
眠れないプレッシャーから解放されたりもします。

要は、別に、眠れなくてもいいじゃない?
くらいに思うことです^^

でも、上記の方法も試してみてくださいね^^

治し方