手がかゆい。主婦湿疹?ストレスも原因

手のかゆみ

ここ最近、手が猛烈にかゆかったんです。
冬場は特になんですが、乾燥してくると手がかゆくなるんですよね。

寝ているときもかゆくなるので、なんとかしたい。
初めは気にならなかったのですが、だんだん手がしわしわになってきました。

こりゃ大変だ。と思い、ネットで調べると
どうやらこれは、主婦湿疹といわれるものだそうです。

      手に接触する物質の刺激やアレルギーによって生じる手のひらや指の皮膚炎で、女性に多く、主婦に生じた場合には主婦湿疹とも呼ばれます (gooヘルスケア引用)

でも、かゆくてしょうがないので病院に行ったら、
「飲み薬を飲まないと完治しないよ」
と言われました。

ただちょっと事情があって、あまり飲み薬を飲みたくないんですよね。
できれば、ステロイド系の薬も使いたくないのです。

そんなわけで、必死に手湿疹と戦っていたところ、
だいぶ改善されてきたようなので、ちょっと書いておきます。

手がかゆくなる原因

まず、手がかゆくなる原因をあげておきます。

一般的な原因として

■ 乾燥
■ アレルギー
■ 季節的なもの
■ かぶれ
■ 汗

などがあげられます。

他にも、心理的な要因として

■ ストレス
■ 睡眠不足

も関係しているようです。

また、体質的なものもあるようで

■ 幼いころにアトピーだった人

などは、なりやすいそうです。

乾燥しやすいのでしょうね^^;

手のかゆみをおさえる方法

一番は先述したように、皮膚科に行くことです。
だけど、皮膚科に行く時間がないとか、あまり薬を使いたくない人は、
こんな治し方もあるよってことで参考程度にご覧ください。

でも、あくまで一個人の考え方ですので、間違っているかもですが、
少なくとも私はこれで改善しました^^;

■ 洗い物をするときは、手に優しい洗剤を使う
→洗剤コーナーには「手に優しい」と書かれているちょっと高めの洗剤が出ています。
(ジョイとかいろいろあります)
騙されたと思って、手に優しい洗剤に変えてください。
100円くらい高いですが、全然違いますよ。

■ ハンドクリームは、さらっとしたものを選ぶ
→ベタつくハンドクリームは、逆にかゆくなるので、
できるだけ渇きが早くてうるおいが保てるものを選びましょう。

■ 手袋は、無理にはめない。面倒だと思ったら、はめない。
→私の場合は、手袋をはめたらかゆくなります。
ハンドクリームをつけて保湿のためにはめていたのですが
手袋の上から掻いてしまうので、意味なし。
「手袋をしなきゃ」っていうのもストレスなので気が向いたらはめるようにしました。

■ かゆくなったら、「手をじっとみつめて30秒我慢する」
→気持ちのままにかいてしまったら、治りません。
ここは、自分との闘い。「掻くか、掻かないか」感情をコントロールします。
もちろん、掻いたらダメですよ。

■ かゆくなったら、冷たい水につける
→水道をひねって、水に手を浸しました。
氷を握るのも、一時的なしのぎになります。
その後、すぐにハンドクリームです。

■ 夜はかならず保湿する。
→できれば、ハンドクリームではなく皮膚科の薬がいいです。
皮膚科に行けない人は、べたつかないハンドクリームをぬりましょう。
夜も、かゆくなったら我慢です。

以上、私なりの方法でした。

一番効果が大きいなと思ったのは、
洗剤などは、できるだけ「手に優しい」ものにすることと、
「かゆくなったら自分と戦うこと」です。

戦いに勝利すれば、早く治ると思います(笑)

手ごわいのは、夜寝れないときや、うっかりクリームをつけ忘れた時です。
保湿は、常に心がけてくださいね^^

早く治るといいですね^^



スマホ表示の方は、トップページにも行ってみてくださいね。 下↓のテーマ切り替えでブラウザ表示にもできます。